着物買取の相場価格・売れる種類

着物の買取相場価格・売れる着物の種類

作家物・振袖・留袖・訪問着・友禅・付け下げ・紬・色無地

作家物

 

有名な作家が作った着物の場合、購入時に安くても数十万円から高ければ数百万を超えるものもあります。
高い技術で作られた着物は、中古となってもそれ相応の「価値」が保たれており、査定額も思わぬ高額になる可能性があります。

 

着物作家には「染め専門の作家」「織り専門の作家」「染から織りまで全て1人で制作する作家」がいらっしゃいます。
日本でも数百人の作家がいると言われ、「芸術性の高さ」「稀少性の高さ」「歴史的価値」が査定のポイントとなります。

 

無名な作家であっても、個性のある柄であったり技術の高い着物はそれなりの評価がされます。
また、有名な作家の着物でも、汚れや傷みの多い物は価値は下がりますので、劣化して価値が下がらないうちに査定に出すのが最善といえます。

 

あと、作家物の着物は「証紙」を忘れずに提示しましょう。
価値を示す証拠となる大切なものなので、間違って捨ててしまわないよう注意してください。

 

ここにご紹介する作家の作品は特に高い価値があります。高額査定の可能性があるので、ご自宅の着物を調べてみてはいかがでしょうか。

 

北出 与三郎(きたで よさぶろう)
北村武資(きたむら たけし)
京屋林蔵(きょうや りんぞう)
久保田一竹(くぼた いっちく)
城間栄順(しろまえいじゅん)
初代龍村平藏(たつむら へいぞう)
辻村壽三郎(つじむらじゅさぶろう)
中村勇二郎(なかむらゆうじろう)
羽田登喜男(はた ときお)
松井青々(まつい せいせい)
森口華弘(もりぐち かこう)
由水十久(ゆうすい とく)
六谷梅軒(ろくたにばいけん)
和田光正(わだみつまさ)

 

作家物の相場  3,000円〜800,000円

 

振袖

未婚の女性むきの着物の中で、最も格式の高い着物です。第一礼装となります。
長い袖をもち、華やかで若々しい柄が多いのが特徴です。成人式・結婚式に多く着用られます。
格式のある非常に高価な着物なので、査定でもその価値を評価される可能性が十分にあります。
振袖には袖の長さが3種類あり、「大振袖」「中振袖」「小振袖」と分類されますが、一般的に袖の長いものが高額となります。

 

「大振袖」袖丈140センチ前後
「中振袖」袖丈100センチ前後
「小振袖」袖丈85センチ前後

 

振袖の相場  2,000円〜500,000円

 

留袖

着物買取において高値が期待できる種類です。
着物の中で「最も格式が高い」着物のひとつなので、その価値が評価されます。
既婚女性の第一礼装とされ、結婚式・披露宴など活躍の場が多く需要が高いのも高価買取のポイントとなっています。
留袖は大きくわけて「黒留袖」と「色留袖」に分類されます。
その2つのうち「黒留袖」のほうが格式が高い着物に値し、評価が高いとされています。
「色留袖」は、黒留袖に次ぎ格式の高い着物です。
有名作家の着物も多くあり、高値の買取がつきやすい着物のひとつです。

 

留袖の相場  2,000円〜200,000円

 

訪問着

年齢問わず着ることができ、結婚式・お宮参り・入学式など様々な機会で着ることができます。
留袖の次に格式の高い着物とされています。
「紋」を入れることで、準礼装の着物となり改まった場にも着用が可能となります。

 

絵柄は絵羽模様と呼ばれ、仕立てられた際に一枚の絵になるよう作られています。
シックなな古典的な物から、若い女性が着るカジュアルな柄まで多岐に渡るので需要も高い傾向にあります。

 

活躍の場が多い訪問着は中古市場でも多く取引され、高い評価が期待できる着物です。

 

 

訪問着の相場  2,000円〜500,000円

 

友禅

格式高い着物のひとつで、買取の中でも「高い価値がつく逸品」が多いとされています。
友禅とは、着物の種類ではなく「染め方の技法」です。
「手描染め」と「型染め」があり、“手描染めのほうが高価買取の対象となります”
「京友禅」「加賀友禅」が有名ですが、「十日町友禅」「東京友禅」など、日本各地には独自の友禅が数多くあります。
美しい友禅はとても人気があり、伝統工芸品としても高い価値があります。
査定時には「証紙」を忘れずに提示してください。

 

友禅の相場  3,000円〜500,000円

 

付け下げ

訪問着を簡略した着物で、未婚・既婚を問わないので気軽に着られる方が多いです。
訪問着が「正装」だとすると、「準正装」に近い位置づけです。
反物の状態で色づけがほどこされるので、模様が全て上を向いている特長があり飛び柄も多いです。
比較的安価で手に入るものですが、紋様や生地そのものの価値が評価されれば、高額査定になることもあります。

 

付け下げの相場  2,000円〜200,000円

 

伝統工芸品であること・有名作家の作品が多いことで、買取価格が高くなる傾向が強いです。
大島紬・久米島紬・結城紬・黄八丈紬・塩沢紬・牛首紬などが有名です。
蚕の繭を紡いで糸にし、幾重にも織られたやわらかな風合いが愛好家に好まれる理由のひとつです。

 

もう一つ相場が高い理由として、有名ブランドや作家がたずさわり、紬の人気が高まったことではないでしょうか。
大島紬の技法を取り入れた「都喜ヱ門」が有名で、高価買取の対象となります。

 

紬の相場  1,000円〜500,000円

 

小紋

小紋とは、細かな模様が上下に関係なく散りばめられている着物のことを言います。
「型染め」の技法が用いられ、日本各地で様々な技法により作られています。
正装ではなく、食事会や習い事など普段着として着用するのが一般的です。
「江戸小紋」「加賀小紋」「京小紋」の三つをはじめとして、「紅型小紋」「絞り小紋」「更紗小紋」などの技法を用いて作られています。
気軽に着られる着物としての需要があり、状態が良いものであれば評価の高い査定も期待されます。

 

小紋の相場  1,000円〜200,000円

 

色無地

柄の入っていない単色で染められた着物のことです。
(基本的に黒以外の色)
紋をつけない色無地は普段着として着用され、紋をつけることによりお茶会などで着られる略礼装になります。
模様がないゆえに品格が現れる面もあり、あわせる帯次第で汎用性のある着物といえます。
稀少価値では弱いですが、その汎用性から日常的に着られるという需要があります。
色無地を何枚もお持ちで、箪笥の中に眠っている方は、まとめて査定に出してみてはいかがでしょうか。

 

色無地の相場  1,000円〜50,000円

帯の種類・買取相場

名古屋帯・袋帯・丸帯・半幅帯

 

名古屋帯

基本カジュアル扱いの帯で、普段使いとして親しまれています。礼装としては着用しません。
粋な模様から、金糸・銀糸を織り交ぜたきちんとした柄もあり、着用のしやすさから愛好家も多い帯です。
人気が高いと言う事は需要もありますので、中古市場に出回ることも多く、単品でも値段のつきやすい帯です。

 

大正時代に名古屋女学校(名古屋女子大学)の創始者である越原春子が編み出したという説が有力です。
それまで一般的だった昼夜帯と比較すると長さが短いのが特徴、約3.5mぐらいで一重太鼓に結ぶのが一般的です。

 

作家物・伝統工芸品も多く作られているので、その価値が評価される可能性は十分にあります。
作家物・伝統工芸品である場合、買取の際に証紙を忘れずに提示しましょう。

 

名古屋帯の相場  500円〜300,000円

 

袋帯

袋状に織り上げられているのが名前の由来、脇に縫い目がないのが特徴。礼装用の帯として知られています。二重太鼓に結べる長さがあり、一般的に4m以上はあります。

 

金糸・銀糸を織り交ぜた高級な物が多いですが、絞り染めなどのシックなものはカジュアルな場でも着用されます。
その汎用性の高さから、着物好きなら誰もがもつ代表的な帯といえます。

 

中古市場にも多くでまわる種類なので、単品でも値段のつきやすい帯です。

 

明治以降、それまで一般的だった、重く扱いにくい丸帯を簡略化し、締めやすくしたのが袋帯。表面だけの柄が特徴です。
作家物・伝統工芸品も多く作られており、その価値が評価される可能性は十分にあります。
買取の際には証紙を忘れずに提示しましょう。

 

袋帯の相場  500円〜300,000円

 

丸帯

最も格式の高い帯。礼装用として、花嫁衣裳や留袖に着用されます。
江戸時代中期の流行にあわせ、帯幅も広く、両面に柄がほどこされてた豪華できらびやかな帯です。

 

明治以降は、その扱いづらさを改良した袋帯の普及とともに表舞台からは退き、現代では芸者・舞妓等の花柳界や婚礼衣装でしか着用の機会はなくなりました。

 

普段使いの需要はありませんが、1枚1枚がとても豪華で格式の高いものなので、その価値は評価されます。

 

買取価格は全体的に高い傾向にあります。

 

丸帯をお持ちの方は、一度査定に出し、その価値を知るのも良いのではないでしょうか。

 

丸帯の相場  1,000円〜100,000円

 

半幅帯

名古屋帯や袋帯の半分の幅の帯です。浴衣で着用することが多いですが、紬や小紋にあわせることもできます。
普段使いとして結び方をアレンジしたり、柄を冒険したり、遊び心をもった帯として人気があります。

 

手軽に結べる帯として、粋でお洒落に着こなす方には重宝され、需要も多い帯です。
有名デザイナーの手がけた物であったり、沖縄のミンサー織りなど、伝統工芸品であれば、買取価格も高い傾向にあります。

 

半幅帯の相場  500円〜50,000円