着物の保管方法・お手入れ

着物の保管方法・お手入れ

収納・保管

 

湿気をさけて収納

たとう紙に包み、和ダンス(桐ダンスがあれば一番良い)、衣装ケース、茶箱などに入れて保管する。
刺繍・箔のある着物・絞りの着物などは、湿気の少ないタンスの上段にしまいましょう。

 

たとう紙の交換

たとう紙は和紙素材で作られており、通気性が・吸湿性に優れているので、湿気に弱い着物には非常に優れたものです。
しかし、古いたとう紙はカビが発生しやすく、かえって着物を傷めてしまう可能性もあります。
年に2〜3回の虫干しの日には、新品のたとう紙と交換するようにしましょう。

 

防虫剤・乾燥剤に注意

化学反応を起こし、シミの原因になるので防虫剤は必ず1種類だけ使いましょう。
シリゲル(乾燥剤)は、防虫剤と併用できます。
防虫剤・乾燥剤ともに、着物や帯に直接触れないよう収納の四隅に入れるよう気をつけましょう。

 

ゴム製品に注意!

着物ベルトや小物についているゴム製品は、化学変化を起こし金箔などを黒く変色させます。
着物・帯・小物などは別々に保管しましょう。

 

箔・刺繍などの収納

金箔・銀箔、刺繍などがある着物は、その部分に白布や和紙をあてる。
防虫剤が触れると、黒く変色したり箔落ちしたりするので注意しましょう。

 

余裕をもった収納

引き出しの底に白木綿を敷き、着物を互い違いに組むようにします。
着物を重ねすぎると、形が崩れたり細かいシワになるので、5枚以上は重ねないようにしましょう。

 

着物と帯は別に収納

どうしても一緒の収納になる場合は、着物が下で帯を上にのせるようにします。

 

虫干し

昔と違い、機密性の高い家屋が多くなっています。そのため湿気やカビの発生率も非常にあがっています。
着物に湿気は大敵です。少なくとも年に2〜3回の虫干しが必要です。

 

時期

土用干し 7月〜8月(梅雨明け後)
秋干し  9月〜10月
寒干し  1月〜2月(最も乾燥している時期)

 

※晴れの日が続いた後の、空気が乾燥した日にすると良い。

 

方法

着物ハンガーにかけて、日中2〜3時間ほど陰干しする。
午前中から干し始め、午後3時までにはたたむようにする。
直射日光を避け、風通しの良い場所に干す。
空になったタンスの掃除をし、空気を通しておきます。
虫干しをする際に、着物にカビやシミが発生していないかチェックしておきます。

 

着用後のお手入れ

着物を傷ませないために、着用後は必ず早めのお手入れが必要です。

 

余計な汚れを増やさないため、まず綺麗に手を洗ってください。

皮脂汚れは目に見えないため、後で黄ばみとなって浮き上がることがあります。

 

陰干しする

着物・帯・長襦袢は、湿気を取るために着物ハンガーにかけ1時間ほど陰干ししましょう。
色あせの原因となりますので、直射日光に当たらないよう注意してください。

 

ブラッシングする

袖のたもとの丸みに溜まったゴミやほこりを取っておきましょう。
大きな布を広げ、柔らかい毛のブラシで全体をたたくようにホコリや汚れを取ります。
純豚毛のやわらかな「和装用(着物用)ブラシ」を使うことをオススメします。
強くこすらないように注意が必要です。箔や刺繍があるところは特に気をつけてください。
ブラシをするとしないでは、「着物のもち」に大きく差がでます。

 

アイロンをかける

しわになった部分は、あて布をしながら軽く押さえる程度にアイロンをかけます。
絹素材は縮んでしまうので、スチーム機能は使わないでください。

 

半襟を洗う

半襟を取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に暫く浸けておき、たたくように洗う。
(強く揉み洗いしないようにする)
脱水はせず、タオルにはさんで水気を取り陰干しをする。乾いたらアイロンをかけておきましょう。

 

着物のお手入れ注意点!
しみなどの落とし方の分からない汚れを自己判断で対処しないことです。
間違った方法により、色抜けさせてしまったり、生地を傷めたり、修復不可能になる可能性があります。
お手入れ方法が分からない場合は、着物専門のクリーニングや呉服店など、着物のプロに相談しましょう。